ヘッドハンティングを受ける道

エンジニアとして働いていく上での目標は二つに大別される。その実務に魅力を感じて仕事をしている人は現場で仕事を続けることを望み、定年まで現役で働き続けることを目標とするだろう。一方で、その業界をもり立ててきたい人や、より高年収を望む人、出世欲のある人等は管理職を望むことになる。業界によっては現役で働き続けるのは難しい場合もあり、そういった場合には転職か出世かを選ばなければならない。総合して考えれば現役のエンジニアとして定年まで働ける場合を除けば基本的には一度は管理職につくことを考慮しなければならないタイミングが訪れるということである。
管理職に就くことを目標とする場合には、最も待遇がよくなる可能性が高いのはヘッドハンティングを受けるということであり、求人募集に応募した場合や社内で出世した場合に比べても好待遇が得られることが多い。これはヘッドハンティングを行う企業にとって必要な人材を獲得するという形で企業側に大きなインセンティブがあるからであり、他社に獲得されまいという意志が強く反映されているのである。エンジニアがヘッドハンティングを受ける際にはそれ相応の経歴が必要であり、その名が世に知られていることが必要とされる。そのため、企業で働いているよりは独立してフリーランスをしている方が有利となる。管理職となって好待遇を目指す際には独立して業界で活躍することを目指すのが最良の方法なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です