大出世を目指すのに必要な心構え

ヘッドハンティングを受けることによって大出世をしたいと考えているエンジニアは、独立して成功を経験し、業界にその名が知られるようになることが必要である。そのためにはエンジニアとしての技術力や新しい技術や知識を身につけていく能力だけでは不足であるということを肝に銘じる必要があるだろう。企業からヘッドハンティングされるための要件として、まずは業界に名を知られるようになるためのビジネススキルを持つことがあげられる。
フリーランスをして多様な現場で働いていく際には名刺交換を始めとした基本的なビジネスの儀礼を行えるだけではなく、適切に自分の存在をアピールしていかなければならない。そして、プロジェクトに参画した際にはその活躍がプロジェクトの速やかな進行とその成功に不可欠であったことを記憶に刻んでもらわなければならないのである。そういったビジネススキルを意識せずともできるような能力を身につけることによってどんな仕事を受けた際にも自分の存在をその先々で覚えていてもらうことができ、それが将来的にヘッドハンティングの際の候補リストにあがるかどうかを分けるポイントとなる。また、プロジェクトマネージャー等としてプロジェクトを動かして成功した経験は直接着目される点となることからフリーエンジニアとして働いている間に経験しなければならない。そういったリーダーとしての成功が必要条件となっているのが典型的だからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です