適した管理職の起用

人が集まって活動する組織では、集まりをまとめるリーダー的存在が必要となる。そしてリーダーは、構成員から認められる存在でなければならない。優れたエンジニアたちが集まる開発チームでは、そのメンバーたちから認められるリーダーとなると、その候補は業界の中でも人数は限られていて、見つけ出すためには困難が伴う。各人が技術力に強い自負を持つようなメンバーをまとめられるほどの人物は、例えば求人案件の広告を出すだけでは簡単には見つからない。
開発チームの管理職としてふさわしいリーダーを見つける手段としては、ヘッドハンティングの方法が、積極的な人材獲得の手段としてある。人材を必要とする求人側から、積極的に人材を求めるためのアプローチしなければ、限られた条件の中でリーダーにふさわしい人材を獲得することは難しい。管理職にふさわしい実力を持つ優れた人物となると、その人材を探すための時間がかかり、スカウトにも必要なコストは大きくなる。しかし、重要な開発チームのため管理職の立場に適した人材を見つけることができれば、たとえ実現困難な難しい開発の課題であっても、開発の成功に導くことができる。他の企業が実現できていないような先進的な開発課題であれば、業界をリードして組織に大きな利益をもたらす可能性も大きい。そのため、多少労力や資金をかけてでも、優れたエンジニアをヘッドハンティングして、管理職の立場を与える意味はある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です